I'm lovin' U

Wednesday, December 08, 2004

第4章

8月3日
朝5時。外はまだうす暗かったが、そこには大きなモールのかたまり。そして間も無くこの3日間待っていた、トロントのダウンタウンが見えてきた。まず”感動”の一言だ。ハイウェイの明かりはまだ付いていてそれがダウンタウンに一直線に伸びている。その道を10分ほど走ると、バスはそのダウンタウンに入っていく。朝6時。Good byeバス生活、Hallo Torontoである。俺の頭にはこの3日間の辛さは無い。あるのは今日の予定だけだ。実はトロントは今回、約2時間の観光だけなのだ。といってもナイアガラ行きのバスを待つ間の観光である。
俺はバックをロッカーへ預けてダウンタウンへ。この時間は店も開いてないが感動でいっぱいの俺を迎えてくれるのはヤング通りだった。ディーゼル、メックス、ハードロックカフェ、などが並ぶまさに若者の通りだ。俺は地図を見ながら地下鉄乗り場や、トロント駅を歩いて探す。まぁカルガリーよりでかいが何より臭い。なんというか”治安が悪い臭い”とでも言っておこう。たしかに買い物する場所も結構ありそうだが、何より汚い。きれいな町ではないことは確かだ。ただこの時間なのに人通りだけはけっこうある。まぁこんな短時間では町の一部しか知ることができないが、できるだけいろんなとこをぶらぶら歩き回った。駅はすぐ発見できた。今回の目的はそれだけだ。なんといっても明日はナイアガラから戻ってきてこの駅からモントリオールへ向かうのだ。それさえわかってれば、心配する必要はなくなる。
バスの時間にあわせてターミナルに戻るとそこには長蛇の列。ん~仕方ない。ナイアガラに行くにはNY行きに乗らなきゃいけないのだ。つまりアメリカに行く人戻る人が乗るためめちゃ混みだのだ。朝8時半、結局バスは30分遅れで出発となった。俺は最後尾に近かったおかげでバスは空いていた。あとのバスはパンク状態だった。短かったがなぜかトロントを歩けたことがやけに嬉しくて、俺はもうこの旅最高のテンションだった。トロントのシンボルCNタワーはこのたびの最後までお預けしておくことに。バスは世界最大の滝、ナイアガラへ向かう。。。。そこでまたアクシデントが俺を襲うことになる。。。。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home