I'm lovin' U

Wednesday, August 17, 2005

第2話 恋レボ

その新しい恋の展開は加速し続けた。うちらのデートはネットの中から外へ行こうとしていた。
便利な社会で沖縄とカナダという遠距離でもネットならリアルタイムで話せるのだ。
チャットからメールでのやり取りも加わっていく中でさらに電話での会話が始まった。
うちらはお互い本当の顔も知らないままだが、
会うということ意外は普通のカップルのようだった。
メール、チャット、そして電話でお互いの愛を確認しあっていた。
ブログだけでは表現できない運命がそこにはあった。
話すたびに伝わる何か前世からずっと知っているようなこの気持ち。
生まれて初めて本気で愛していこうと思った。まだ会っていないのに何故か迷いはない。
日本に帰国した冬、俺は父の故郷である鹿児島に帰った。そう、うちらは目と鼻の先の距離にいた。
もちろん会えなかったし、実際そんな近いものでもない
だが何千キロと離れてたうちらの距離はこのとき最短になった。
電話のの声がやけに近く感じる。すぐそこにいるかような。相手も同じように感じていた。
その後東京に戻りカナダへと戻ったが、関係は更に進展し、離れられない関係になってきた。
残された課題は会うだけ。それでうちらは完全なカップルになる。カップル以上のものかもしれない。
いろいろ家庭のこともあり、カナダの留学も5月で終わりになることになった。
カナダ最終日は俺の親友たちに送られての最高の帰国になった。(かなり記憶無いけど)
帰国の飛行機でかすかに残った記憶から前夜から今を思い出す。俺は機内で泣いた。
こんな風に最高と呼べる友達を作れたカナダ生活。この3年間の思い出は一生忘れない。

いよいよ日本で就職活動が始まる。そしてその恋も・・・

0 Comments:

Post a Comment

<< Home