I'm lovin' U

Tuesday, August 30, 2005

第7話 i4鯛

Love Machine@ホテル
博多駅付近で唯一のラブホ。
そう、博多駅周辺は新宿のビル街のようにビジネス街なのだ。
そんなとこだからラブホは2件だけ。まぁ想像してた”博多”とは違った
部屋代は安かったが、それなりの部屋だった。
それはともかく俺の頭の中ではまだ状況が理解できなかった。
俺の思いが伝わったかどうかの不安とまだ続いている緊張。
うちらの関係を聞き出すにもタイミングがわからない。
彼女は風呂にお湯を貯めている。まだ7時くらいなのに早い・・・。
俺はかなりテンパっている。
まぁ今の頭を例えるならあと1ピースで完成のジグソーパズルがくずれた感じだ。
修正不可能、再起不能といったとこだろうか。
それを修正するとしたら相手の気持ちの確認しかない。
The Next Mission 「愛を確かめる。」
気がつけば俺たちはソファーと床という不思議な状態で話していた。
俺たちはTVを見て笑っている。嫌われたくない、いやもう嫌われてるのかも。
そんな思いが俺の目的を達成の邪魔をする・・・・。
俺はついにこの距離を縮めるために彼女をソファーの横呼ぶ。
少し恥ずかしがりながら横に来た。俺はそれをチャンスにいろいろ聞く。
キスの拒否はあまりに緊張していて、
その時に俺からのいきなりのアタックでびっくりしたそうだ。
その後も彼女の気持ちを聞いた後、俺はその日を振り返り反省する。
確かに進展しようとする焦りから空回りしていた。
冷静に相手の立場になって考えた。そして俺は決めた。
そして彼女に「ゆっくりでいいから近づいていこう。」と告げた。
俺の中で好きという気持ちが強すぎて焦りがあったけど、
ゆっくりでもいいじゃないか。
キスできずに終わってしまうかもしれないけど、
お互いこの先も別れずにいけるような気がした。
運命を感じるときはどこからかわからないが、
それが運命だということがわかる。
もちろん相手もそれに気がついている。
たぶんうちらの中で出会ってから、
自然にそういう気持ちが少しずつあったと思う。
今一番強い気持ちは彼女と一緒にいたい。それだけだった。
今日一日彼女も同じ緊張をしてきたのだ。
それでも俺に好きだと言ってくれた。
俺とはつりあわないと彼女を見てから思ったが、ここまでこれた。
そして彼女からの告白は今日一番うれしかった。
愛の確認は終わり、俺たちは今、正式にカップルになった。
そして彼女がシャワーに入る。
俺は見てもいないTVに目を向け頭では彼女を考えていた。
冷蔵庫から飲み物を取り、この新しい恋の成功に嬉しさを隠し切れなかった。
何故か今まで人を好きになった中で一番大きな気持ちだった。
こんなに人を愛しく思えるなんて。ドラマの世界にいる気分だ。
気がつくと彼女がシャワーから出てきた。
その姿に俺の心臓の回転数がメーターをふりきっていた。
かわいい・・・。彼女の姿にボーっとしないように、
俺もすぐにシャワーへ向かうことにした。
特別お湯が熱いわけでもないのに、俺はそんなに長く浴びてられなかった。
暑すぎて俺は10分くらいでシャワーを終えた。
その後は俺らはベットの上でまだ距離があるお互いの距離を縮めていった。
TVの音が現実という世界から出させてくれなかった。
しばらくしてTVを消し、うちらは向かい合う。
俺は彼女の優しい世界に包まれた。
時は止まり、唇から彼女の優しい世界へと移動する。
俺はずっとこの優しい世界にいたかった。ずっとこうしていたい。
こうして遥か彼方の存在だった俺たちは今、
長い旅路の疲れを癒しあったる。
この運命の人と出会うための長い旅路が終わり、
これから二人の新たな永遠の旅路が始まる。
今俺の胸は苦しいくらいの幸せと彼女への愛が詰まっている。
”彼女をずっと愛したい”
そう思い、俺は朝まで彼女を抱いたのだった。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home